TOP > 開業するためのマル秘ワンポイントアドバイス >開業にあたってのコンセプトの考え方について

♦開業にあたりコンセプトの考え方について♦

コンセプトは、何かを始めるとき方向性を決定するとても大切なものです。

飲食店を開業すると決めたら、まずコンセプトを決めていきます。

カフェや居酒屋、ラーメン店、食堂など飲食店と一口に言ってもその種類は豊富にあります。

業種や業態などのコンセプトをきちんと固めておかないと、今後の経営に影響がでてしまいます。

その為、開業が決まったらしっかりとコンセプトを考えておきましょう。

 

コンセプトには、メインコンセプトとサブコンセプトがあります。

メインコンセプトは、土台や基礎となる考え方になります。

サブコンセプトは、コンセプトを実現していく上で必要な手段となります。

サブコンセプトの考え方としては、どのような立地にするのか、お客様の設定、メニューコンセプトの設定、店舗イメージの設定、オペレーションコンセプトなどがあります。

 

《立地コンセプト》

立地のタイプを考え、どこで売るのかを明確にしていきます。

 

《お客様の設定》

男性、女性、学生、子供などターゲットにしたい客層を設定し、コンセプトを決めていきます。

客層が設定できたら、お客様の利用目的なども想定しておきましょう。

 

《メニューコンセプト》

どのようなメニューを販売するのかを考えます。

モーニング、ランチ、ディナーといったように提供スタイルや価格、特徴を考えていきます。

 

《店舗イメージ》

どのような店舗デザインにしたいかを考えます。

オープンキッチンやカウンターの位置など、どんなテイストで広さはどのくらいにしたいかなどをイメージすると良いでしょう。

 

《オペレーションコンセプト》

接客方法や接客マニュアルなどを考えていきます。

さらに、スタッフが着用する制服のイメージなども考えると良いでしょう。

 

 

このようにコンセプトの考え方は、いくつかあります。

開業する際は、しっかりと自分なりにコンセプトを考えていきましょう。

当社は、ラーメン店開業の運営支援を行っています。

ラーメンに必要な具材の提供をはじめ、物件の選定などの手伝いもしております。

気になった方は是非、お問い合わせ下さい。

お電話でのお問い合わせ:027-381-8181 平日(月~金)9:00~18:00

資料請求