TOP > 開業するためのマル秘ワンポイントアドバイス >飲食店における現金管理について

♦飲食店における現金管理について♦

レジ

飲食店経営で重要なものは、料理の味・良い接客だけではありません。

長期的な経営をする為に、現金管理は必要不可欠な要素です。

全ての商売に言えることですが、現金管理は飲食店経営においてとても重要です。

お店を運営する上で大切な財源となる売上は、特にしっかりと管理しなければなりません。

 

 

【飲食店に必要な二つの現金管理】

飲食店の現金管理には、「レジの現金管理」と「小口現金管理」の2種類があります。

レジの現金管理は、閉店後にレジの中にある現金(開店前に用意してあるつり銭+売上)から売上の金額を引き、開店前に用意してあるつり銭と同額になるかどうかで過不足がないかを確認します。

 

小口現金管理というのは、足りない食材や業務に必要な備品などを購入する為の小さい額の現金です。

現金管理で気をつけて頂きたいのが、この小口現金管理です。

金額が小額の備品を購入する為にレジの中の現金を引き出す、小口現金管理をずさんにしているお店も少なくはないそうです。

レジから現金を流用すると過不足の計算も正確ではなくなってしまいます。

その為、最終的に売り上げの計算が合わなくなってしまいます。

 

大手スーパーや飲食店は、過不足を一円単位で厳しく管理するところが多くあります。

本来、現金管理は、厳密に管理しなければならないものですので、普段からきちんと現金管理をしているという姿勢をスタッフへ伝えなければなりません。

レジの売上計算が合わないということは、きちんとした現金管理が出来ていないということになります。

 

レジから現金を引き出すことを続けていると、従業員の現金管理への認識が甘くなってしまう可能性も考えられます。

現金管理の認識が甘くなると、お客様へ多くお釣りを渡しすぎたり、逆に少なく渡してしまうミスに繋がります。

お客様へ間違った金額のつり銭を渡す事は、お客様に大変な迷惑をかけてしまいます。

つり銭トラブルは、大きなクレームになる場合もありますので、普段からしっかりした認識を持つことがとても大切です。

 

【徹底した現金管理と食材管理で収益を上げる】

徹底した現金管理を行う事は、収益をきちんと管理することに繋がります。

レジの現金管理・小口現金管理・食材管理の3つを徹底すると、どれだけ稼げているのかもはっきり数字にすることができます。

お客様へ提供する食材の購入は、お店の利益に大きく関わってきます。

いい食材をできるだけ安く仕入れるのも飲食店経営において重要です。

 

 

当社では、ラーメンを提供する飲食店へ、麺・スープ・タレ・餃子などを卸販売しております。

豊富な種類からお店に合う食材をお選び頂けます。

卸価格の食材でコストカットを検討されている経営者様は、お気軽に見積もりをお申し付け下さい。

お電話でのお問い合わせ:027-381-8181 平日(月~金)9:00~18:00

資料請求